閉幕間近ですが、ようやく3会場回れたので、感想をまとめてアップします。

「名古屋市美術館」会場を回ってみた感想です。

名古屋市美術館会場の展示作品

名古屋市美術館は1F~2Fに作品が展示されてます。

過去開催のように、屋外作品はありません。

 

上から撮った写真なんですが、今津景さんの作品。

CADを使ったグラフィック作品です。

あいちトリエンナーレ2019

 

モニカメイヤーさんの作品は、表現の不自由展の展示中止をきっかけに展示を変えていました。

当初の展示風景は写真で記録されています。

あいちトリエンナーレ2019

 

お隣の展示作品は一番好きかも知れない 桝本佳子さんの陶芸作品。

とにかく、とってもきれいな作品なんです。

あいちトリエンナーレ2019

こちらは、「桜」と題された壺。

あいちトリエンナーレ2019

メロンの壺もありますよ。

 

それから壮大なこちらの作品!

陶器の皿や壺から鳥が抜け出して飛び立ってます。

あいちトリエンナーレ2019

あいちトリエンナーレ2019

無機物と有機物が組み合わさった作品で、しかもほんとに「美しい」

すっごい好き♡

 

今、少しだけ調べたけど、桝本さんって82年生まれで私と同い年ですわ。

こんなに素敵な作品を作れる人が同世代なんて!尊敬です。

豊田市美術館に収蔵されている作品もあるそうなので、また見に行きたいですね。

松坂屋美術館とかでも展示してくれたら良いのに~!!

 

 

↓は、タニア・ペレス・コルトヴァさんの作品。

掛け合わせることをテーマにしてます。

あいちトリエンナーレ2019

↑の柄のワンピースの人が会場に来るかも?みたいなことが書いてありました。

パフォーマンス的な作品なのかもしれませんが、私はこのワンピの人には遭遇できませんでした。

見れた人いるのかなぁ~?

 

2F出口付近のアニメーション作品。

これはQRコードで読み込んだら、自分のスマホでいつでも見れちゃいます。

GIFアニメーションの作品。

私ぐらいの世代だと、なんだか懐かしいですね。

あいちトリエンナーレ2019

 

地下の会場にはアートプレイグラウンドがあります。

名古屋市美術館のアートプレイグラウンドは「つくる」

あいちトリエンナーレ2019

材料がたくさん揃っているので、好きなものを作ることができます。

夏休み時期には、自由研究の作品を作ることもできて楽しそうでした。

 

夏休み時期にはもっと子供向けのイベントもやってました。

あいちトリエンナーレ2019 あいちトリエンナーレ2019

「ちびっこオアシス」みたいな赤ちゃんでも遊べそうなサービスは、トリエンナーレ関係なく不定期に美術館でやってます。

スケジュールを見ながら上手に使えば、子連れでも美術館を楽しめますね。

 

 

名古屋市美術館は他の会場に比べて開館時間が早いです。

1日で回りたい!というような時間がない人は、この会場を朝一番に見に来るのが全会場を回るコツになりますね。

おすすめの記事