GOTOトラベルの改悪したり、復活したり忙しいですね(*_*)

のんきにかまえていた我が家も、大慌てで旅行予約をいれました。

 

それにしても、予約をいれるために調べてみたけど、サイトによってサービスにばらつきがありますね。

特色とも言うのでしょうけど・・・

せっかくなので比較してみました。

Go Toトラベル予約の比較

地域共通クーポン(紙・電子)の対応

GOTOトラベルは、旅行代金の割引のほかに金券「地域共通クーポン」というものがついてきます。

旅行代金の15%部分ですね。

この地域共通クーポンは「紙クーポン」と「電子クーポン」の2種類があります。

 

大事なのは

  • もらえるクーポンは選べない
  • クーポンの種類によって使える場所が違う
  • 電子クーポンはチェックイン日の15時以降しか使えない

ということです。

 

旅行サイトによっては、紙クーポンのみの発行。または電子クーポンのみの発行になります。

そしてお店によって、紙はOKだけど、電子はダメ。とか、その逆もあるのです。

15%分のクーポンを使い切るには、予約前にクーポンの種類もチェックしておかないけといけません!!

 

主な旅行サイト別の地域共通クーポンの違い

予約サイト独自の割引サービス

旅行サイト自体の独自の割引があります。

じゃらんのクーポンとか、一休のポイントとか。

併用できるサービスがほとんどなので、上手に使うとめちゃくちゃお得です。

ただし、みんなそれを狙うので、クーポン配布を待っていて満室になるというリスクもあります。

悩ましいですよね。

取り扱いプランの違い

GO TOトラベルは宿泊以外もツアーに含まれていたら割引の対象になります。

交通費は自腹で、すっごく高級宿に泊まるのもいいけど、新幹線セットプランなら旅費全体がリーズナブルに!

テーマパーク系なら、アトラクション乗り放題のパスポート付き宿泊プランがねらい目。

ほかにも、旅館なら一泊2食付きあたりまえだけど、ホテルなら朝食付きにしたほうがお得・・など。

 

こういうオプションの組み合わせは旅行会社ごとに、オリジナルの商品も多いので

比較するのがかなり大変ですね(-_-;)

子連れ旅行をお得にする裏技

さて、我が家がお正月に泊まった、ナガシマスパーランドの「ガーデンホテルオリーブ」

こちらの宿泊をお得にする裏技を紹介します(おおげさですが)

 

この裏技が使えるのは子供が幼児の場合です。

というのも、添い寝無料の幼児を、小学生料金で泊めてしまおうという作戦なのです。

普段なら高くつく内容ですが、GOTOキャンペーン中なら幼児料金よりお得に泊まれます。

 

なぜならほとんどの旅館では

幼児は添い寝無料だけど、施設利用料が別途必要

施設利用料はGOTOトラベルの対象外

だからです。

 

実際に比較してみます。

大人2人+幼児 大人2人+小学生
大人宿泊(パスポート付き) 20,350円/人
幼児(2才~小学生未満)施設利用料@2,750円
布団追加料金は、一組当り 1,650円
幼児パスポート  2,400円/日
湯あみの島幼児追加 300円/日
大人宿泊(パスポート付き) 20,350円/人
小学生宿泊(パスポート付き) 10,175円/人
GOTO割引:-14,200円
GOTO金券:6,000円分
GOTO割引:-17,800円
GOTO金券:8,000円分

 

遊び方にもよりますが・・・

宿泊のみで、遊園地も湯あみの島も利用しないなら、普通に幼児料金のほうがお得です。

でも、遊園地に入って一緒に遊んだり、温泉にも行ったりしたいなら

小学生料金で申し込んだほうが5000円くらいお得になりました。

 

と、まぁこんな感じで。

幼児の宿泊料金設定が無いところが多いですが、

内容次第では小学生プランで予約を取ってしまうとお得になるよ!という紹介でした。

 

新幹線や飛行機付きの場合は、幼児でも料金プランが設定されてるから

そのままGOTOの割引使えそうですね。

 

GOTOトラベルの期間が短めなので、もう一回くらいどこか旅行いけないか、また計画練ってみます♡

温泉行きたいなぁ~

おすすめの記事